【臨江街観光夜市の湯円】『御品元冰火湯圓』で絶品湯円を食べよう!

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、あやです☺

先日、『臨江街観光夜市』に行ってきました!
そこで「湯円」を食べたのですが、とってもおいしかったので紹介したいと思います。
湯円とは、だんごの中にゴマやピーナッツなどの甘いソースが入っているデザートをいいます。

わたしは湯円が大好きで、色々と試しています。
しかし、今回の湯円は、わたしが今まで食べた中で一番おいしかったです!

それでは、どうぞ🙋

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『臨江街観光夜市』で出会った最高の湯円

店の外観

わたしが今回紹介したいのは、『御品元冰火湯圓』の湯円です。
こちらのお店は、2020年のミシュランガイドで紹介されています。
他にもテレビ番組で紹介されたり、有名人が来店したりするほどの人気店です!

『御品元冰火湯圓』のメニューとは?

メニュー表
『御品元冰火湯圓』の湯圓は、「桂花」か「酒醸」の2つのフレーバーに分かれています。
桂花とは、金木犀の花のシュガーシロップで「酒醸」は甘酒のような感じです。
湯円はゴマかピーナッツの2種類で、「綜合」はMIXを意味しています。
(⑤番と⑥番は、酒醸に卵が加えられている湯円になります。)

選ぶ基準は下を参考にしてください。

  1. 桂花か酒醸を選ぶ⇒酒醸なら卵を入れるか入れないか。
  2. 湯円をゴマかピーナッツかMIX「綜合」から選ぶ。
  3. 冷たいか温かいかを選ぶ。

お店のスタッフに聞いたところ、中でも特に人気なのは①桂花芝麻湯円70元⑦桂花綜合湯円80元とのことでした。

実際に食べた感想は?

湯円

わたしが選んだのは、⑦桂花綜合湯円です。
見た目の氷のふわふわ感にテンションが上がってしまいました。
正直にいうと、今まで食べた中で一番おいしかったです!!
だんごをかじると、中からゴマの甘いソースがとろーりと溢れてきます。
もち米の弾力と、中のソースが熱くて絶妙に混ざり合い、最高でした。

ごま
湯円を食べきってしまっても、ふわふわのかき氷を最後まで楽しむことができます。
桂花のシロップやレモンのシロップはセルフサービスでかけ直すこともできるので、ぜひ試してみてください。

店内には、日本語のメニュー表も

食べ方の看板

よく見てみると、くわしく食べ方が説明してありました。
わたしは、好きなように気にせず食べてしまいましたが、次回はやり方に沿って食べてみます!

台湾のかき氷機、なんだかレトロ感あふれています。

かき氷機

『御品元冰火湯圓』の店舗情報

『御品元冰火湯圓』は台北に3店舗あります。

御品元傳統手工元宵(湯圓) (御品元冰火湯圓)

今回訪れた店舗で、『臨江街観光夜市』内にあります。

住所:106台北市大安區通化街39巷50弄31號

『御品元冰火湯圓』

御品元氷火湯円台北饒河店

住所:105台北市松山區饒河街178號

御品元氷火湯円台北士林店

住所:111台北市士林區基河路116號

御品元氷火湯円で最高においしい湯円を食べてみよう!

今回食べた湯円は本当においしかったので、ぜひみなさんお試しください。
ちなみに、自宅で煮る用の生の湯円やシロップも販売しているので、お土産にも利用できます。
ご自宅のパーティーでも大人気間違いなしです!

最高の湯円を一度食べに訪れてみましょう!

タイトルとURLをコピーしました